パフォーミングア-ツスタジオ Tip!ホームへ

代表 姫石美実のたまに書く日記

日常の記事

子どもたちに接するということ。

Posted in in 日常

久しぶりにじっくり書いてみようかと…

 

Tip! の子どもたちは、

ありがたいことに色々なところから声をかけていただいて、

出向いていくことがある。

 

例えば、CM、TVドラマ、舞台などなど…

 

ただ、うちのスタジオは、子役養成所!ではないため、

依頼してきてくださった方などときちんとお話しをしてから、

うちの方針を理解して頂いてからお引き受けする!勿論ですが。

 

しかしながら、やはりワタクシ、色々疑問を感じることが多々ある。

さまざまなことに。

 

CM撮影などでは、

子どもたちは当たり前のようにセリフを完璧に覚えて行くのに、

大人のキャストのためにカンペと言われるセリフをすべて書いた紙が

アチラコチラに張られてあったり、とか。

 

まー、こんなことは芸能界ではごく普通でしょうが。

 

大人の都合に合わせて子ども扱いされたり、大人扱いされたり…

 

が、当たり前ですが、子どもは子どもです。

本業は学業です。

 

その子たちが、大人の仕事の現場に必要とされることが多々ある!

という状況にしかすぎない、とワタシは思います。

 

そういう時、

大人たちがどれだけそういうことを考えているのか?と思う。

 

 

最近ワタシが一番気になったのは、時間について。

遅い時間にならぬように、とかは常識として誰もが考えるのだが、

予定時間より終了時間があまりにも早く終わるのも、

定刻をオバーするのと同じくらいダメだと思う。

というのも、

習い事に来ている子どもたちはさまざまなところから通ってきている。

 

うちのスタジオの場合、

北広島や福山から二時間以上もかけて通っている子どももいる。

そのため、日頃の土曜日にある小学生がいるレッスンは、

遅くとも夕方6時には終わるようにしている。

 

違う団体から依頼されて出演をする時、

もちろん練習場所も、時間もその団体に合わせねばならない。

遅くなる場合は、それぞれがお迎えを親に頼んでおり、

保護者の方が車で迎えに来てくれている。

 

そういうことを分かっているのかどうか知らないが、

平気で一時間以上早く終わることが続いた。

 

そういう時はうちでは連絡は取らせるが、

指導者で手分けをして駅までは送り届けるなどはする。

 

時間を潰す!

という感覚はそういう場合に子どもにさせるのはおかしいと思うのだが…

 

 

あと、何かを指示する時、

例えば演出家、例えば指揮者、

目の前にいる子どもたちが出演するのに、

遠くで見ているワタシに、先生~と声をかけられ、

あそこはああしてください!

みたいなことを言われることがよくある。

 

ワタシは日頃から、違う現場に行ったとき、

大げさかもしれないが、社会に出た時を見据えて指導したいと考えている。

使える人!になって欲しい。

 

なので、

そういうことに関しては、相当鍛えているし、他からの評価も高い。

 

というわけで、

その場を仕切ってる人が直接子どもたちに指示すればいいのでは?

というのがワタシの意見。

子どもたちをのせるもよし、厳しくいうもよし、

信頼と尊敬を勝ち取り、子どもたちを動かすのは、

どんな分野でも、

その場でその時間を仕切っているひとの腕のみせどころであり責任である、

とワタシは思う。

 

学校の担任の先生も同じだと思う。

 

だからこそ、

そういう仕事をしている人間は常に自分を磨き続け、

魅力的である必要があると思うのだ。

 

その魅力は人さまざまでよいと思う。

容姿も大事だし、実力ももちろんいる、そして人間性。

とにかく自分をよく知ってないと!と思う。

 

 

これまた最近、うちの子どもたちにではないのだが、

どうかと思うけど!という指示の仕方を目撃した。

 

その人が最終的に子どもたちに言った言葉が、

『遊びじゃないんだから!』

という大人がよく使うありきたりな一節。

 

ちなみに怒られている子どもたちは、いたって真剣だし、

大変お行儀の良い子たち。

長ーい待ち時間も静かにしていて、うちのチビどもよりお利口ちゃんかも。

ってか、

遊ぶわけないし、遊んでいないから、ここにこうしているんですけど…

情けない怒り方だと、つくづく思う。

 

子どもたちの団体を仕切っている人間は、ワタシも含めてだが、

それぞれの団体でやり方や思いは違うにしても、

子どものベクトルをこちらにむけ、

やる気を出させ、本気にさせ、技術を伸ばす!

ということを誰もがやっていると思う。

 

それにプラスアルファ指導者の価値観が子どもたちに影響を与えてしまう。

それが子どもたちの人間性にまで関わってくるので責任は重大だ。

 

とにもかくにも、子どもを扱う!

ということにその道ではない人たちによく考えて頂きたい!と思う。

 

 

長々じっくり語りましたが、

 

春になりました。

ワタシも暖かい心を忘れず、風通しをよくして過ごして行きたいです!

いっぱいヘッダー!

Posted in in 日常

image

 

いやはや、疲れました!

 

覚悟はしてた土曜日、身体がバラバラになりそうでした!

 

ダブルヘッダー、トリプルヘッダーの次って何だっけ?

っと、椎名さんに聞くと、

 

いっぱいヘッダー!

とためらいもなく答えて会話が終わった(笑)

 

というわけで、

ヘリコプターを用意して頂きたいくらい忙しいかったいっぱいヘッダーを

書いてみます。

 

まずは、朝9時半、山陽女学園中等部の成果発表会のリハーサル。

週に一回の授業で30分のミュージカルを

中村ふさえ氏との黄金コンビ(笑)で作り上げた!

リハーサルも良い出来で一安心。

 

本日、Tip! は人手不足。

午前中サイコ先生にご無理をお願いして、

エンターテイメントクラスでダンスを受け持って頂いていた。

残りの時間をバトンタッチするため、12時目指して急ぎTip! へ戻る!

 

それから、とあるテレビのお仕事に今回はゆりこ嬢とりん嬢を抜擢し、

RCCまで連れていく!というミッション。

りんは、Tip! で拾い、ゆりこは学校までお迎えに。

ディレクターに二人をたくし、次の現場へ移動!

 

その時、 どうしてもワタシにバレンタインの手作りケーキを渡したい!と、

今日はお休みだったひまり嬢が待ち伏せしてくれており、

モノを受けとる(笑)

 

次の現場はアステール大ホール!

こちらでは教えている吉島幼稚園の発表会!

年中、年長で1つずつ作品をつくったので、本番を見届けに!

勝手知ったるアステールの搬入口から侵入し(笑)、

急ぎ来賓席に小さく収まる。

プロの腕を発揮出来ているのか正直心配になるのですが、

来賓の他の幼稚園の園長先生に、さすがです!と握手を求められた。

嬉しい!

チビたちの精一杯を見て、滞在時間30分で山陽の本番へマッハで戻る。

 

こちらも中学生が精一杯の力で演じきってくれた!

思春期のハッキリ言って面倒くさい年頃の子達との作品づくりは

体力と精神力をすり減らした(笑)

だが、終わった後の生徒達はみんないい顔をしていた!

 

急ぎ子役二人の現場へ戻る!

 

が、商工センターで山陽の小道具を積み忘れたことを思いだし、

再び廿日市へ。

 

なんてこった。

 

タイムロスをしたものの、

長い撮影はまだまだ半分くらいが終わったところ。

感心したのは、

ゆりこもりんもワタシがいない間にきちんと沢山のスタッフさん達と

コミュニケーションをとり立派に仕事をしていた!

image

 

 

image

 

 

共演は、広島のお笑いコンビ、ボールボーイさんのお二人!

大変楽しく朗らかなキャラクターで

子どもたちにも接してくれてありがたかった。

 

ゆりことりんには1週間前に台本を渡していただけ。
当たり前ちゃ、当たり前だが、

二人は完璧に掛け合いの長いセリフも覚えていた。

スタッフさんの指示にも的確に答え、本当に素晴らしい仕事ぶり!

その場の全員が感心するほどだった。

日頃の成果を十分に発揮してくれ、ワタシも嬉しい限りでした!

image

 

 

りんママが気を利かせてボールの色紙を差し入れて下さった!

 

image

 

 

りん嬢をママに引き渡し、ゆりこ嬢を家までお届けし、

最後のミッションへ向かった!

 

今日は私自信は何も頑張ってはいないが、

とにかくノリシロのない移動にヘロヘロになった。

 

が、最後に出会った北京ダックで生き返った(笑)

 

 

たくさんの精一杯を見守る1日でした!

祝!賀会!

Posted in in 日常

image

 

小学生からTip! に通っていたももなとまな。

小・中・高校と、

勉強ときちんと両立させながら

ずーと楽しくTip! で過ごしてきたお二人も、4月からは大学生!

 

本日は、見事に希望の大学に合格した二人の合格祝賀会!

思い出話に花が咲き乱れました(笑)

 

小学生からこんなに長く通い続けて、

Tip! のエンターテイメントkidsを卒業するのはこの二人が初めて!

 

ちっちゃかったのに、今ではみんなからの憧れの存在。

 

私も最近では何だか頼りっぱなしです。

 

二人の未来が、素晴らしいものになりますように!

2013!!!

Posted in in 日常

image

 

おめでとうございます!

 

反省の多い2012年でしたが、

今年はそれをいかして、しっかり頑張ります!

 

昨夜のうちに、

作戦を立て、目標を掲げ、シュミレーションをしました(笑)

 

目標はいくつかありますが、その一つが”マメ”に!です。

 

というわけで、

忘れられそうなワタクシの日記もマメに更新していきます!必ず。

 

どうぞ今年もヨロシクお願いいたします!

女優デビュー!

Posted in in 日常

image

本日、

20時よりNHKで放送される『スリーストーリーズ』という番組の

三つ目のお話、

短編ドラマのヒロインに、

我がスタジオTip!の小学4年生のひまりがつとめます。

 

ひまりは、小2の頃からTip! に通ってきています。

はるばる北広島からバスと電車を乗り継いで二時間以上かけて、

たった一人で。

 

今回の抜擢は、

そんな頑張り屋で、根性のあるひまりを神様が見ていたんだと思います。

 

8月終わり、2週間に渡ってロケがありました。

ひまりは、広島市内のおばあちゃんの家にホームステイしながら

毎日、長時間のロケを乗り切りました!

 

ワタクシは、毎日、送り迎えの人(笑)

 

早いときは朝6時過ぎにチビ女優をお迎えにあがり、

眠そうなひまりにハッパをかけ、笑顔でロケ現場に連れて行く!

ということをしておりました。

 

お好み焼き屋さんの娘!という設定でロケ中、

ワタシもお好み焼きをよく食べた。

 

image

 

 

エキストラにもTip! の子ども達がしっかり活躍しております!

 

image

 

 

 

image

 

 

子ども図書館、動物園など

超懐かしい場所へも行けたりしてワタシ的にも楽しかったです!

 

 

image

 

 

 

image

 

そして、

今回のこのドラマでひまりのお母さん役を演じるのは、

ワタシのなくてはならない大切な仕事のパートナーで、

Tip! では講師でもある中村房絵氏。

 

この人がお母さん役だったからこそ、

ひまりが安心して演じれたのだと思う。

 

image

 

 

ひまりの今の夢は女優さん!

 

さあ、チビ女優、未来へどうぞ羽ばたいてくだされ!