パフォーミングア-ツスタジオ Tip!ホームへ

Go!Go!★Tippers!!

2013年01月の記事

ハープ解説その2

Posted in in その他, ハープ

みなさんこんにちは。寒いですね。

 

寒いと指がかじかんでハープ弾きにはつらい時期ですが、空気が乾燥しているせいか音色は何だか澄んだ音がします。

よく「指に何かはめて演奏してるのですか?」 と聞かれますが、

はめていません(笑)

指先でしっかり弦をつかんで演奏します。

ちなみにハープはピアノのように1~5の指でなく1~4の指で弾きます。小指は使わないのです。

 

さて、前回の続きでアイリッシュハープの解説をば。

 

アイリッシュハープはフックで半音操作をします。

フックを上げると半音音が高くなるのです。

 

では半音下げるのは??

 

っで前回は終わりましたが。。。

これがですね。。。半音下げれないのです(涙)

なので、アイリッシュハープは最初からミとラとシを半音下げた状態に調弦します。Esdurですね。

そのためハ長調Cdurの曲を弾くときはミ・ラ・シのフックを上げときます。

 

    

 

 

♭にしたいときはこれらの上げたフックを下げます。という訳で♭が使えるのはミ・ラ・シの3音までとなっちゃいます。

ややこしい気もしますが、慣れると平気ですよ!

 

でも、♯♭が沢山付いてたり、臨時記号がバンバン出てくる曲も演奏したいですよね。そこで考案されたのがグランドハープです。グランドハープは半音操作を足でします。

また、機会があればグランドハープについてもアップしたいなぁと思っています。

 

そうそう、新年早々広島ではハープフェアがありました。

グランドハープ・アイリッシュハープ・サウルハープがずら~り!!!

 

   

  

広島は密かにハープブームなのです。

ハープ会社の社長様のお墨付きです(笑)

興味のある方は、レガーロ教室まで体験にいらして下さいませ~。

 

ではまた。

 

 

by宮内邦枝(レガーロハープクラス担当講師)

 

新年を迎えて…

Posted in in その他, バレエ

明けましておめでとうございます。

 

ついに2013年に突入し、TIPの発表会まで5ヶ月…

まだまだ先のようですが、大変です! 

 

週1回のレッスン

単純計算で20回

あっという間です。

 

子供達とどこまで向き合っていけるのか…  

舞台にのると、子供達の成長した姿を観る事が出来ます。

 

この5ヶ月が勝負です! 

何かを掴んでくれる事を祈るばかりです。

 

 

by 小請朱美(バレエクラス担当講師 )